So-net無料ブログ作成
検索選択

「音大のちチヌ」 [釣り]

音大での1日ー

今日も、守衛のおじさんや受付のお姉さん生徒たちに
いろいろフォローしてもらい、
優しさが身にしみた。
1.jpg

そして、帰宅すると
今度はナニワ・エキスプレスのギター
カズぼんが釣ったばかりの
おっきなチヌ(!)を届けてくれていた。
2.jpg

チヌのカオをしげしげと見つめていると・・・
3.jpg
なんか、また釣りにゆきたくなってきた。

ちゃんと歩けるようになったら、ぜったいゆこう♬

今日もみんなおおきにぃ〜!!!


nice!(0)  コメント(2) 

「うらやまくやしい~」 [釣り]

今日は朝から西新宿で先生。

朝は曇っていたものの、
お昼休みにコンビニを冷やかしに行った頃は
ポカポカで、まさに小春日和に―

んん~、こんな日に釣りに行けたら最高やろうな~♪
などと思いつつ、昼食後
午後の授業を。

途中、少し休憩を取って
携帯を見るとこんなメールが・・・
1.JPG

おお~!それは、よかった!!!
「おめでとう~!!!」と返信する。

そして、そのクラスが終わって
携帯を見ると・・・
2.JPG

な、なぬ~っ!?

「夕まずめもがんばりや!!!」と返信し、
本日のお仕事すべて終え

こわごわ携帯を見ると・・・・
3.JPG

えっえ~~~っ!?

そこに居たかったな~!
おれも、竿を出して・・・とか思いながら帰宅後・・・

携帯を見ると
「4匹目も!」―

ひょえ~~~!!!

ちかじか本人のblogで詳しく
釣行記が書かれると思われるのでその時に
彼の正体&今日の詳細が明らかになるであろう

そんな―うらやまくやしい―
インディアン・サマーな今日一日
なのであった。

「ラストごんだぬち」 [釣り]

さっき最終原稿を書き上げたところなのである。

3年近く連載がつづいた「釣りサンデー」の
「ごんだぬち」(ぼくの釣りエッセイ)も、
次々号休刊とともにラストとなった。

いや、感慨ひとしおなのだが
なんと言っても
おととしにこの本の巻頭カラーに載ったのは
ある種ぼくの釣り人生の金字塔であった。

どんな、音楽誌に載るより
うれしかったものなぁ・・・

ってなワケで来月号の「釣りサンデー」は
ぜひご一読をっ!

そして、編集のT崎氏
おっつかれぃ~!!!

PS:さ、これからSuzyのリハーサルだぁ~!!!


「城ヶ島に貝子を見た」 [釣り]

本当は今日のタイトル
ここ数日の「OOOはじめ」につづけて
今年初釣行の「竿はじめ」にしたかったのだが、
なんとなく淫猥な響きなのでやめておいた。
(なんでやろ~?年末の「納竿」はそんな響きやないのに・・・)

と言う事で、そろそろ「釣りサンデー」のエッセイ締め切りも近いという事で
今日は竿はじめに行ってきました(言うとるやんけ~!結局)。

昨日の夜、潮見表を眺めながら
リールの道糸を新しいのに巻きなおしたりしていると

1月10日(木)は中潮の干潮12:10、満潮15:29―
ば~っちりな潮ではないか!!!
ちゅうことはお昼過ぎから暗くなるまでやれば、もしや???と

朝10時ごろ自宅を車で出発。
目的地は前に五目激釣した長井港―
http://blog.so-net.ne.jp/bunmei/2007-10-04である。

ところが、横横道路を衣笠でおりそびれてしまい
気がついたらなぜか三浦海岸を走っている。
だが、海沿いのドライヴは気持ちよく少しだけ車を止め
ピンホール写真などパチリ!

結局、海沿いから目的地を変更して
城ヶ島を目指す事にした。

到着すると、なんだか前にも会った事があるような
ニャンコせんせいが
「また、来たのかニャア~」

(注:調べてみたら違うニャンコせんせいだった事が判明
http://blog.so-net.ne.jp/bunmei/2006-07-09参照の事)

めちゃめちゃいいお天気!!!
今日は防寒対策もかねて髪をくくらずにやってみた・・・が!しかし、

う、う~~~む・・・ア、アタリがない・・・・・哀愁の背中

数時間後、ウキがしゅぱ~!っと入ったのでアワせると・・・・・

ぐ~ふ~
「はよ、ハリはずさんかい!こら!!!」

そこからはぐ~ふ~の猛攻にあい、
釣ってはプク~っとふくれっ面され、
ハリをはずしてはリリースの連続。

「もう、暮れてきたカモメ~」

でも、こんなところでずっと潮風にあたっているだけで
大満足~!!!な1日でもあった。

でもまぁ、しばらくここは来ないかな・・・などと思いつつ
帰路に着こうとすると・・・・・

う~ん、貝子にそう言われちゃうとなぁ・・・
うん!分かったよ、また来るからネ、貝子。
で、貝子(って一体!?)

【おまけ】
アナタニモ、グニョグニョ~ノウミ、アゲタイ

「だって、地球はまるいんだもん!!!」(by.フォーリーブス)


「アナタニモ~、ゆらゆらアゲタ~イ♪」 [釣り]

今朝、起きてから録音作業をしようと思ったのだが
あまりにいいお天気なので
あてもなく釣具屋さんへ。
釣りはもう長いが、川釣りは初めてなぼくに
店員さんはお手ごろな竿&仕掛け&エサを見繕ってくれた。

そして、釣りをするにいちばん近いであろう多摩川へGO~!!!(10分くらい)

ここはね、いつも電車の中から何が釣れるのかなぁ?と
土手の釣り人をうらやましがっていたのだ。
だから、きっと今日電車に乗ってる人はおれがうらやましいやろうなぁ~!!!
がはは!!!とずる休み気分も満点!!!

だが・・・釣れまへん・・・・・なんも。

お魚さんはいっぱい泳いでて、小鮒、大きな鯉、雷魚(!)まで見えるのだが。

そこで、ちかくにいた見知らぬ名人の教えを乞う事に

すると、ちっちゃいクチボソが1匹釣れました

うれしかった~~~っ!!!

また来よう~

後ろ髪引かれながら帰ってから
延々と録音作業―

昨日、ここに書いた「ゆらゆらマシーン」も使ったよ、もちろん♪

その仕事用とは関係なく、これを読んでくれている
ゆらゆらしたいみなさんのために
即興でローズを録音し、
番外編で「ゆらゆら」をUPして置いたので、
ぜひ左右にあなたも揺れてみてください。
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/ohbunmei/lst?&.dir=/%a5%de%a5%a4%a5%c9%a5%ad%a5%e5%a5%e1%a5%f3%a5%c8&.src=bc&.view=l
「アナタニモ、ゆらゆらアゲタ~イ」(by.チェルシー)


「五目どころか」 [釣り]

あまりによいお天気だったので

そろそろ「釣りサンデー」の連載エッセイの取材にもいかなきゃなぁ・・・と
しぶしぶ(ほんまかっ!?)ひとりで釣りに行って来た・・・・・ら、

まるで夏休みのような1日でもあり、
五目釣りどころかそれを越す釣果だった。
で、釣りサンデーにはこれらすべての写真
載せるページは与えられていないので
今日ぼくと遊んでくれたすべてのキャストを紹介したいと思う。

キューセン・ベラさん

フグさん

キュートでしょ?

仮面ライダー・アマゾン・ベラ(ベム、ベロ)さん

あたしってキレイでしょ?

真鯛(10cmくらいか?放流されてるのか、タグがついてた。
もちろんリリース)

23cmのメジナさん

追加で28cmのグレさん(西日本ではそう呼ぶのです)

で、夕まずめ時「すわっ!!!チヌかっ!?」と思わせた
大ぼら吹きさん

「もう帰った方がいいよぉ・・・」と
ぼくに

そう告げたごんずいのゴンちゃん

楽しかったよ~~~っ!!!

みんなありがとう~~~!!!

愛してるよ♪
愛してるから・・・

いっただきま~~~す!!!


「ただいま!」 [釣り]

もう、ヘロヘロなので
明日またいっぱいもろもろ
書こうと思うのだが
やはり「名人」は、
釣りをしてもそうだと言う事を
思い知った釣行であった、
鹿児島の堤防―

なんで、こんなに自然と一体化しているの???
「アコギ」のみならず
末原名人は
「釣り」においても
やはり名人であられたのであった~~~!!!

それに、比べておれ・・・・・

鹿児島の大きな海に完全に負けている・・・るるる~~~♪

こんなに釣れたんだよ(地元の釣り友の分も入れて)!!!

えっ!?わし・・・ですかい???

PS:それも明日書きますたい(ばってん・・・)。


「ぼうずまるぼうず」 [釣り]

釣りサンデーに連載している
「ごんだぬち」締め切りがぎりぎりなので、
あわてて釣りに行って来た。

場所は横浜の大黒ふ頭―

ここは釣り場としては初めてなのだが、
いつも羽田に向かう時に乗るバスが
ベイ・ブリッジを越す瞬間に見下ろしてはいた場所なのだ。

なので、なんかツアーをずる休みして釣りに来たかのような
こそばがゆい思いに駆られながら
首都高湾岸線を大黒ふ頭で降りると、
なにやら外国の船の船着場があり、
検問所などがちょっとものものしく
そうか、あのフェンスのむこうは外国なんだな

そんな望郷の念にも駆られ(なんでや!?)ながら
いいお天気の中、いざ釣りを開始した

えっ!?釣果・・・ですか???
そ、それは次号の釣りサンデーで・・・・・って、
釣れたらサカナの写真のひとつも載しとるわなぁ~、そりゃ。
「ぼうずまるもうけ」ではなく、
「ぼうずまるぼうず」でしたとも、ああ、そうですとも!!!

ソ~ダ水のな~か~を~♪

貨物船がとおお~~る~~~♪(by.ユーミン


「リョウ、文明釣行記」 [釣り]

ひさびさにリョウちゃんと2人で釣行。

早朝4時にリョウちゃんが迎えに来てくれ、
釣具を積んでいざ三浦の新宿港を目指す―
が、外は雨がパラついている。
小雨くらいならよいが、大雨だと
ダンゴ釣りのダンゴがべしゃべしゃになってしまって
釣りにならないのだ。
「これ以上雨がひどくならないといいのになぁ」などと、
車中話しながら現地に着くと、雨はやんでいた。

ダンゴをバッカンに練って
6時頃釣りを、いざ開始!
ところが・・・強風で寒いのなんのって、
しかもアタリのアの字もまったくない・・・・・

10時まで粘ったが、
「ここに魚はいない」と判断した我々ダンゴ・ブラザーズは
場所を近くの長井港へ移し
ミッションを続行する事にした。

すると、いきなりぼくにアタリがあり
あわせるとウミタナゴであった。

それから、またアタリ。
今度は、メバルの赤ちゃん

しかし、それ以後はアタリはあるものの
乗ってこないので
リョウちゃんは車に休憩しに・・・

ひとりがんばっていると

なにやら、モゾモゾしたアタリ(!)が。
すかさず、合わせると重くて穂先が首を振っている。
「チヌかっ!?」と思ってタモを探すと
堤防を移動してからタモはまだ
ケースから出していなかったのであった。
もたもたしているうちにそいつの姿も見ずにばらしてしまった。

車からもどったリョウちゃんにそれを話すと
「ええ~っ!?ほんとうですか!?」
―かならず居るっ!―
2人でがんばろうとした瞬間に空模様が・・・

雷もゴンゴン鳴ってきて
このままでは竿に落雷が!!!と車に避難する

「すごい雨やなぁ・・・」
「そうですねぇ・・・」
zzzzz.....
なんとなくお昼寝タイムとなり
目覚めると外はもう雨上がりであった

そこから、リョウちゃんがウミをタナゴを何匹も激釣し

「チヌのカオは拝めなかったけれど、
今日はウミタナゴ釣りにきたんですもんね~♪」と
その場をしのぐリョウちゃんと
日が沈むまでがんばって納竿とした。

【恒星日誌補足】
狛犬のようでもある、2人面岩

雷魚のようでもある、竜岩

ジェネシス時代のピーガブのようでもある、プカプカ流れてきたイボイボ星人―



「日の出、日の入り、そして・・・」 [釣り]

日の出

日の入り

そして・・・

ウキ・・・・・


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。