So-net無料ブログ作成
検索選択

「胸が熱くなったりもした」 [映画]

ひさしぶりにDVDを大人買い―

①ニール・ヤング「ハート・オブ・ゴールド
フランク・ザッパ「イン・バルセロナ'88」
③フランク・ザッパ「アポストロフィ(’)、オーバーナイト・センセイション」

①は、「プレイリー・ウィンド」リリースの記念ステージ
「羊達の沈黙」の監督であるジョナサン・デミが監督したコンサートムービーである。
もちろん、本編は素晴らしいに決まっているのだが
監督の自らの視点でのメイキング版DVD2が面白かった。
ハンク・ウィリアムスが使っていたというマーチンD-28を
誇らしげに紹介するギター・テクニシャンや、
ニールのバンジョーのバックでギターを弾くのに興奮している
エミルー・ハリス。
そして、なによりデミ監督が「おれはここではダサいんじゃないか?」と
ニールに対してびびっているところとか・・・etc.

②は、なんど西新宿界隈の海賊ヴィデオ屋で買いなおしたか!?
数え切れないほど・・・
そんな88年のザッパ・バンドのコンサートDVDがついに正規版でリリースされたもの。
たしかに画像はいままで観た中でいちばんよいのだが、
最後まで画面右下に「MP」の文字が居座るのが
少々目障りではあった。
しかし、やはり5Hornsが在籍するこの頃のザッパBandは素晴らしく
ビートルズ「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の弦のパートを
5Hornsが高らかにブロウしている。
(そういえば、ツェッペリン「天国への階段」のペイジのギターソロを
全員でユニゾったりもしてたなぁ、この5人)

③は、classic albumsシリーズで
「アポストロフィ(’)、オーバーナイト・センセイション」製作時の
エピソードを現在のルース・アンダーウッドやジョージ・デューク、
ドゥージルをはじめとするザッパ一家や、アリス・クーパー・・・etc.が
当時の画像を交えつつ語ると言ったものだが、
初めて観る当時の画像も多くてめちゃめちゃ興奮してしまった。
ザッパの反骨精神がどこまでも浮き彫りにされるDVDではあるが、
「おれにとってはばかばかしさが唯一の現実だ」という
コメントを観て彼にとってはそれがフツーなんだな、やっぱり・・・と、
胸が熱くなったりもした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。